ヤッチの投資記録〜FX半自動売買で100万を目指す

投資について記録のためにブログを作りました。私の投資記録を見て、参考にしていただけると嬉しいです☺️。今はFXトラリピを主にやってますが、投資について考察をしていきたいと思います。

ユーロズロチ運用口座の全記録

 にほんブログ村 為替ブログへにほんブログ村

 世界的な利上げの波に乗ってポーランドがどんどん利上げしているので、スワップの旨味がかなりでてきました!

 ユーロズロチの運用で、スワップが年利50%取れるとして今話題となっています。ただし、裁量トレードとなりますので、チャート分析と資金管理が肝となります。銀行に預けても1%も無い中で、これだけ大きなスワップ利益が取れるのは、他にはありません。

f:id:kyokuhuri:20220929203024j:image

ユーロズロチを扱っている証券会社

 私は、IG証券の口座を開いて取引をしています。ユーロズロチのスワップが比較的に高いですので、お薦めです。他にはヒロセ通商などもあります。もし、あなたがユーロズロチの取引をする為に、証券会社の口座を開くなら、安心できるところにするべきなので、調べてみて納得してから口座を開いて下さい。

f:id:kyokuhuri:20220929203254j:image

金管理について

 ユーロズロチだけでなく、FXや株投資などは、全て資金管理が1番重要なポイントとなります。ユーロズロチに投資する際には、スワップ利益に目がくらみ、高レバレッジになりすぎたり、タイミングでないところで無理やり投資するようなことは絶対にやめて下さい。ストレスで耐えきれなくなりますし、大きな損益を被ることになりますよ。私は皆さんにお薦めすることは常に低リスクで投資することです。

f:id:kyokuhuri:20220929202805j:image

ユーロズロチのスワップの推移

 令和4年9/27時点で私の口座は23万通貨保有しているので1日あたり4,837円スワップを受け取っています。単純計算で1万通貨保有していれば1ヶ月あたり210円×31日で6510円のスワップが貰えることになります。

f:id:kyokuhuri:20220927221053j:image

引用:https://jp.investing.com/economic-calendar/polish-interest-rate-decision-447

ユーロズロチの運用方法(あっきんさんの手法)

f:id:kyokuhuri:20220927221519j:image

引用 : https://akilog.jp/eurpln-swingtrade/

 上記の通り、ユーロズロチを4.7で1万通貨保有するのであれば、ロスカットを5.3と設定するならば、最低限 16.8万円の資金が必要であると、表は示しています。

 ロスカットを5.3としているのは、過去20年間で5.0くらいが最高値だったので、5.3は、まずないと考えて、その値まで耐えられる資金管理をしていれば、ストレス無く安心なトレードができると言う考え方ですね。↓   ↓     ↓

f:id:kyokuhuri:20220927222734p:image

 上記の表を参考にしてエントリーして下さい。エントリーのタイミングは、最低でも4.7以上で入ると資金管理的には楽だと思いますよ。4.7以下でエントリーするのは、資金管理的に辛いですね。

ユーロズロチの利回りについて(私の場合)

保有数量:23万通貨
保有価格:4.732
必要資金:386万円
スワップ:約16万円/月

年利換算するとスワップだけで50%という驚異的な数字がでました。

f:id:kyokuhuri:20220929202628j:image

◆ユーロズロチの運用益

運用期間 2022年6月20日から(102日)

運用総実績 522,749円(9/30日現在)

 

ユーロズロチの取引をする際に注意して欲しいこと

 やはり、ユーロズロチは、驚異的な50%というスワップに目がいきがちですが、リスクがあることを忘れてはいけません。ロスカットされないように資金管理を徹底して下さい。

 また、ズロチは、ポーランドという非先進国であるリスクもありますので、常にアンテナを張り巡らせて、リスクの回避に努めて下さい。

 

 

 

◆免責事項
当サイトは投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。当サイトの情報は個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性に ついて保証するものではありません。閲覧者が当サイトの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても当サイト運営者は一切の責任を負いません。 FXや投資信託はリスクや損失が存在する金融商品です。取引は閲覧者自身の判断によって、リスク を十分に理解したうえで自己責任で行ってください。